【サンドブラスト】砂と空気で磨く・削るの箱つくり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「ふくぎょう」の為のコンテンツの決定版!

何をやったらいいか分からない・・・

そんな副業に興味はあるけど行動出来ない人に向けてお送りします!

7月12日開校 プレオープン記念 モニター生募集中

詳しくは ↓ ↓ ↓ ↓ をクリック! 

誰にでも出来る「ふくぎょう」を是非知って体験して下さい

 

裏庭でサンドブラストをやってみたい

 

以前から興味のあった
「サンドブラスト-ガンKIT」
なるものを買ってみました。

 

最近は、ホームセンター等でもたまに
見かけますが、キャビネット込みだと
結構高価(およそ5万~20万円)

 

とても手の出るような物ではなかったのですが
ブラストガンだけ買える事を知り、お試しで
アストロプロダクツ「AIR SAND BLASTER KIT」
というを購入してみました。

 

気になるお値段は

吸入式ブラストガンKIT 1,800円
キャビネット用グローブ 1,480円
ガラスビーズ#60 2,800円
税込み合計 6,380円

 

ブラストガンの値段の安さに
驚きますが実際モノを見てみますと
恐ろしく簡単な作りで納得?

 

でも5万円~するキャビネットSETも同じ物
なんですよね、キャビネットが高過ぎなんです。

 

グローブはキャビネットの中に
付けるブラスト専用の物です
この辺ケチるとあとで泣き見そう。

 

なので思い切って購入しました
でも単なる厚手のゴム手袋です。

・・・摩擦に強いんでしょうね?

 

ブラスト用の砂はガラスビーズを選んでみました。

 

たしか光沢が出るとか本で
読んだような気がするんですが
ちゃんと店の人に聞けばよかった。

 

番手は店で一番荒い#60を選びました。

 

よく削れそうだし使っていれば
その内細かくなるんじゃないかと
せこい事を考えていますw

 

購入は輸入整備工具専門店「ASTRO PRODUCTS」です。

 

 

キャビネットが無いと使えない

当然この他にエアコンプレッサーと
キャビネットが必要になります。

 

店の人の話だとコンプレッサーは3馬力
容量50Lくらいは欲しいと言っていました。

 

我が家にあるコンプレッサーは
1、5馬力で容量はサブタンクを
入れても約35Lぐらいしか
有りませんが何とかなるでしょう。

 

キャビネットは自作になりますw
(裏庭工房ですから当然DIY)

 

鉄かステンレスで作りたい所ですが
出来ればエンジン丸ごと入る位の物に
したいので、ベニヤ板か収納BOXのでかい奴
でも流用してみようかと思っています。

 

 

キャビネットは木工でDIY

 

ブラスト用グローブを固定する為の部品を作ってみました。

 

材質はSUS304、板を丸めてから
適当なステーを溶接しただけです。

 

腕を突っ込んで、ゴム手袋が
外れたりしない様に工夫してます。

 

キャビネットの方は角材とべニア板で作ります。

 

 

 

キャビネットの材料を買い揃えてきました。

 

少し最初の設計を変更して扉に会社の大掃除で
出てきたステンレス製のカバーを使う事にします。

 

 

墨つぼって便利!

 

ベニヤ板に赤鉛筆でしるしを付けて
墨つぼ使って線を引いていきます。

 

 

 

木材の加工には墨つぼを使うと線をまっすぐ
引くことが素早く出来て、とても重宝します。

 

墨つぼは読んで字のごとく墨を染みこませた
スポンジに引っ張り出したタコ糸を通して
墨を付け、指で弾いて線を引く道具です。

 

 

 

墨つぼで引いた線に沿って木工用の
刃をつけたジグソーで切っていきます。

 

切った所はバリが出てたりするので
軽くサンダ-で面取りをしていきます。

 

後の仕上がりの良さと作業中の怪我防止になるので
チョット面倒ですが、切った傍から面取りします。

 

 

 

ベニヤ板に板厚分あけて角材を木ネジ止めしていきます。

 

釘を使うよりも木ネジの方が
しっかり留められるのではないかと
思ったのですがこれがなかなか面倒で…

 

ドリルで下穴を開けては留めるの連続です。

左右勝手違いの側面が完成しました。
下にあるのが脚用の角パイプです。

 

 

 

前面部の腕が入る穴を開けます。

 

グローブ固定部品を定規にして赤鉛筆で
線を引きドリルでジグソーの刃が入る位の
穴を開けてジグソーで穴を開けます。

 

あとは鑢と紙やすりで仕上げます。

 

 

 

側面部に前面部を固定しました。

 

角材を板厚分あけて板に固定
してあるので綺麗に収まります。

 

同じように底・裏・天井の板をつけていきます。

 

 

 

キャビネット本体の組立完了です。

このままだと味気ないので・・・

 

 

 

店で売っている製品を真似て赤のスプレーで
塗装したのですがなんだか巨大な郵便受け
みたいになってしまいました・・・(^^;

 

 

キャビネット完成

 

脚と扉等をつけて完成しました。

 

のぞき窓は透明アクリルをビス止めしています。
室内灯に100Wのスポット電球を使用します。

 

眩し過ぎるかと心配したのですが丁度よい明るさ。

 

しかし今度は卵の孵化装置みたいになりましたw

 

 

試してみよう!

 

オレンジ色のホースがエアで
黒い方がブラスト用の砂を
吸い上げるホースです。

 

 

 

早速テストしてみました。

 

しばらく放置され白く酸化したエアガンが・・・

 

 

 

ものの数十秒でこんなに綺麗に!

 

 

 

外に放置し錆が凄いスパナも・・・

 

 

 

錆びたスパナを半分ガムテープで
覆ってブラストしてみました。

 

あっという間に錆が吹き飛び光沢まで出ています。
苦労が報われた感動の瞬間です。\(^O^)/

 

まだ少し手直ししなければいけない所が
ありますが上手く行ってほっとしています。

 

今回製作したキャビネットは、タイヤを
外せばフロントホイールでもブラスト
することが出来る大きさです。

 

当然エンジンだって丸ごとブラストできます。

 

これで整備しながら錆びた部品をいつでも
綺麗にする事が出来るでしょう。

 

制作費は約1万円ぐらいでした(ブラストガン込み)

 

 

*1999年12月に製作し紹介した記事を加筆修正しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
中島 大三

中島 大三

投稿者プロフィール

・1968.10.22生まれ 熊本出身 茨城在住
・趣味 モータースポーツ DIY
・JNCC AAライセンス所持

全日本選手権参戦を支える為に始めた副業を
レース引退後に一念発起し独立起業

「収入の柱はいくつ有ってもいい」と考え

・ビジネスコンサルティング
・レーシングパーツ開発・製造
・ネットショップ経営
・再生エネルギー事業
・テナントビル経営…
・「Voyage Of Liberty」エグゼクティブマネージャー

等々、複数のビジネスを展開中

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ブログランキング

バナーをクリックして応援して頂けると励みになります。
宜しくお願い致します(^^)/

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

アーカイブ

ページ上部へ戻る