【GSX750S KATANA】Vol.13 外装パーツの下地作りと補修作業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

外装パーツの塗装をやる為に準備を始めました。
塗り直す為に、塗装を全部剥離していきます。

 

いよいよ佳境に入ってきました!

スケルトン(剥離剤)をハケ塗りしてしばらく待つと、塗装が浮いてきてヘラでこそぎ落とすことが出来ます。
相当厚塗りされている様で、1回2回程度では中々落ちてくれません。

元のシルバー塗装にSUZUKIエンブレムも残したまま上塗りしてあった様で、エンブレムにはスケルトンが効かずに苦労させられます。

 

1時間以上かかってようやく全ての塗装を剥離完了。
水洗い後に、カップワイヤーで磨き上げます。

 

アッパーカウルの方は、エアサンダーに120番のサンドペーパー付けて塗料を削り落としていきます。
塗装の下にサフェーサーの層があり、更に削っていくと元のシルバーが出てきて、更にその下にサフェーサーの層( ̄◇ ̄;)

 

プラパーツの再生に挑戦

アッパーカウルの左ウインカーベースが割れてしまってます。
みんなここ割るのですよね・・・そうすると埋め込み形のウインカーに交換して傷を隠す様に被せるのが定番?

 

プラリペアを使って、割れた部分を再生補修しました。
ノーマルウインカーを付けるつもりはありませんが、埋め込み形も好みじゃないので、昔のGSX−R用のウインカーを取り付ける予定。

 

頑張って全ての塗装を剥がし終えました。
独特なデザインのカウリングですが、磨きながら改めて見ると、結構凝った造形をしています。
こんな形のタンクやカウル、よくもまあ38年前に市販化したもんだと驚きますね。

 

こちらも特徴的なサイドカバーですが、取付ステーの一部が欠けています。

 

欠けてない方から型取りして、プラリペアで欠けたパーツを再生しました。
最初はFRPで直そうかなと思ったのですが、少量過ぎてちょっと面倒だなと思っていた所、プラリペアの存在を思い出し初挑戦。

 

思いのほか綺麗に直すことが出来て満足(^_^)
強度の程は如何程か。。。

 

花咲かGでタンクの錆び取り&コーティング

凹みもなく綺麗な状態のタンクですが、中を覗き込むと薄ら錆が出ています。
まあ、錆がなくても古いタンクなので、錆び取りとコーティングがいっぺんに出来る「花咲かG」を用意しました。

40度〜50度のお湯で20倍に薄めて使います。

 

口いっぱいまで満たして、そのまま放置。
ギリギリまで満たしているはずなのに、少し経つと減っていきます。

蒸発してるのか?
ちょいちょい継ぎ足しながら、ある程度落ち着くまで2L程足しました。

タンクはすぐに冷めるかと思っていたら、4〜5時間経っても熱いまま。
湯たんぽみたいだ(笑)

 

注文したパーツが続々到着

GSFのフロントフォークに合わせた43パイのセパハンが到着。
トップブリッジの形のせいで、使えるハンドルが限られています。

ノーマルより低くなってしまった・・・
シートをつけて跨がり、ポジションを確認してみると、ハンドルが遠くて低過ぎる( ̄▽ ̄;)

フォークを延長して、トップブリッジの上に持ってこようかと本気で検討中。

 

チェーンも到着。
RKにしたかったけど、クリップタイプがラインナップにないのですよね。

ヤフオクで探した所、DIDのチェーンがクリップタイプで出ていたので落札。
ロードバイクではカシメタイプが主流の様ですが、クリップの方が簡単に外せるので楽そう。

 

早速取り付けてみたところ・・・リンク数は余裕を見ていたつもりでしたが、120リンクでぴったりでした(^^;
スイングアームがノーマルより50mmほど伸びてるからな〜、足りてよかった。

 

プラグも新品に交換。
750は7番なのですね、1100は8番が指定です。

 

手持ちのプラグレンチがどれも合わない・・・ボックスレンチでなんとか交換しました。
新品はいいですね〜、早く火を飛ばしたい(笑)

 

4連キャブの取付

OH&リビルドの終わったキャブをエンジンに取り付けました。
インシュレーターをエンジンに取り付け、キャブを差し込もうとしましたが、全く入りません。

どうしたものかと考え、インシュレーターを左側2個はキャブ側に、右側2個はエンジン側につけた状態で、斜めに挿入。
潤滑剤代わりにキャブクリーナーを吹き付けることで、何とか取り付けることが出来ました。

4連キャブの装着が、こんなに大変だとは思わなかった。

 

元から付いていたパワーフィルターは、問題なさそうなのでそのまま使います。
メッキ部分に錆が浮いていたので、錆を落としてから黒に塗装。

 

いい感じなのですが、適当に入れた三日月形の補強とのクリアランスが3mmほどしかありません。
大丈夫かな?

 

エンジンの振動で接触する様なら、少し削るかゴムのモールでも付けるかを検討します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
中島 大三

中島 大三

投稿者プロフィール

・1968.10.22生まれ 熊本出身 茨城在住
・趣味 モータースポーツ DIY
・JNCC AAライセンス所持

全日本選手権参戦を支える為に始めた副業を
レース引退後に一念発起し独立起業

「収入の柱はいくつ有ってもいい」と考え

・プロモーター
・ビジネスコンサルティング
・レーシングパーツ開発・製造
・ネットショップ経営
・再生エネルギー事業
・テナントビル経営…

等々、複数のビジネスを展開中

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ブログランキング

バナーをクリックして応援して頂けると励みになります。
宜しくお願い致します(^^)/

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ページ上部へ戻る