【パーツリビルドの最終兵器】ウェットブラストの自作に挑戦

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カスタムにしろレストアにしろ、組み付けるパーツはできるだけ綺麗にしたいもの。
新品パーツならともかく、自作のパーツなどは、中古パーツをベースにしたりする事もよくあり、表面が腐食していたり汚れが酷かったりで、磨く作業というのが結構大変です。

 

当ガレージでも、カタナのパーツを仕上げる際に、サンドブラストを導入して、あらゆるパーツを磨き倒しています。
確かに導入以前と比べると、圧倒的に作業効率も上がり、仕上がりもそれなりになりますが、エアの力でメディア(研磨剤)を吹き付けながら、サビを落としたりすると、キャビネットを使っていても外にメディアが飛び散り、結構大変だったりします。

僅かな隙間から砂塵が漏れ出てしまうのですよね。
お陰で目は痛くなるし、キャビネットの周囲には薄らメディアが飛び散って掃除が大変。

更に、攻撃力が強く、金属のみしか使えないのも不満なところです。

 

サンドブラストに変わる新たなブラスターとして注目していたウェットブラスト
FBで知人が「これどうなんだろ?」って言っていたのをきっかけに、ちょっと調べてみました。

私も以前からこの商品は知ってはいましたが、ちょっとお高いのですよね〜
カスタムショップでもやってるならともかく、趣味でやる程度ではちょっと手が出ません。

更に重曹をメディアに使うので、少し威力が物足りないという話も聞きます。
あと、研磨剤を含んだ水を垂れ流しにする使い方もちょっと・・・

 

ただ折角なのでもう少し仕組みを知りたいと思い色々リサーチしてみました。
YouTubeをみてみると、結構動画が挙げられています。

その中で一番面白かった動画がこちら

他にも自作している人や、自作機と高価な市販品との性能検証をやっていたりと面白い。

 

上記の動画で出てくるマコー(株)のHPをみてみると、簡単な仕組みを解説してくれています。

マコー(株) − 日本で唯一のウェットブラスト専門メーカー
・マコー公式サイト https://www.macoho.co.jp/​
・簡単ウェットブラスト製品 https://www.macoho.co.jp/easy_wetblast/​

ここまで仕組みが分かると自作してみたくなっちゃいますよね(笑)

 

早速、どういった感じで作っていくかの構想を練り、使えそうなパーツをかき集めてみました。

昔、ワンコ達を洗うために購入した110Lのプラスチックタライを納戸にて発見。
更にお風呂の水汲み上げ用の電動ポンプと、使っていないエアホース。

 

水に入れたメディアの攪拌とタンクを兼ねる研磨液タンクには、オイル缶が使えそうです。
ウェットブラストの場合は、いかにメディアを攪拌させられるかが肝だと考えています。

足りないパーツは近所のホームセンターで調達し、手に入らないものはネットで注文しました。

続きは材料が揃ってからになりますが、そんなに時間はかからないでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
中島 大三

中島 大三

投稿者プロフィール

・1968.10.22生まれ 熊本出身 茨城在住
・趣味 モータースポーツ DIY
・JNCC AAライセンス所持

全日本選手権参戦を支える為に始めた副業を
レース引退後に一念発起し独立起業

「収入の柱はいくつ有ってもいい」と考え

・プロモーター
・ビジネスコンサルティング
・レーシングパーツ開発・製造
・ネットショップ経営
・再生エネルギー事業
・テナントビル経営…

等々、複数のビジネスを展開中

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2021年2月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ブログランキング

バナーをクリックして応援して頂けると励みになります。
宜しくお願い致します(^^)/

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ページ上部へ戻る