通算4代目のトレーラー 今度は最もシンプルな仕様編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

独立して3年目の年末、仕事ばっかりで曜日の感覚のなくなり、すっかり運動不足にもなってしまいました。

こんな事ではまずいと思い、長年製作途中で放置していたパンペーラを完成させ、運ぶ為に分解してソリオで無理やり運ぶ事3回・・・流石に面倒くさい事に辟易(^^;

そんな訳で、また性懲りもなくトレーラーを探していたところ、ご縁があり人生通算4代目のトレーラーを入手。

 

錆錆のトレーラーレストア編

SOREX製の軽トレーラーです。

車両重量120kg・最大積載量300kgで余計なものが一切ないシンプルな構造です。

ただまあ、あちこち錆錆で、ヘッド車であるポルシェ911で運ぶには、ちょっとみすぼらしい(;´Д`)

そんな訳で、お色直しやって、ちょっとカッコよくしてやろうと思います。

 

錆落としと再塗装

まずはホイール・フェンダー・車軸等、塗装の邪魔になるパーツを外していきます。

以前から殆ど骨だけのトレーラーを黒くしたら、シンプルに引き締まっていけるんじゃないかと思っていたので、塗装はブラックに決めました。

サンダーにカップ型のワイヤブラシを付けて、錆びた部分は念入りに、亜鉛メッキ部分は表面を軽く研磨する程度に磨き上げます。

 

ひっくり返した後、塗装したくない部分をマスキング処理し、全体を脱脂処理

灯火類や板バネなんかは、外すの面倒だったのでそのままです。

 

使った塗料は防錆成分入りの油性ペイントを、刷毛塗りしました。

亜鉛メッキ処理されたフレームって、元々表面が凸凹なのですよね・・・スプレーで塗っても刷毛で塗ってもあんまり変わらない。

 

裏面の塗装が乾いたら、再度ひっくり返して表面を塗ります。

朝塗って、ある程度乾いたところで2度塗りをやりました。

冬なので乾きが遅いですね、最終的には完全に乾くまで3日くらいは掛かりました。

 

ホイールの方も同様に、ブラックで塗り直します。

こちらはラッカースプレーで塗ったので、綺麗に塗れて乾燥時間も短かったです。

 

生乾きの状態で、マスキングは剥がしてます。

一応、メーカーのステッカーも残してみました。

 

真っ赤っかに錆びていたチェーンやボルト類も、錆を落として再塗装

思いの外、簡単に綺麗になります。

 

ホイールジャッキお色直しとホイール交換

トレーラー単体で移動させるときに使うホイール付きジャッキも、同様に錆を落として再塗装します。

ホイール外したついでに、ホイールも交換する事にします。

 

元々のホイールはプラスチック樹脂製なので、ガラガラと結構な騒音が出ます。

夜中に動かすと結構うるさくて、ご近所迷惑になります。

そこで、同じサイズのチューブ入りゴムタイヤのホイールに変更してみました。

 

一応、パンクのリスクはありますが、これで延々動かすわけではないので問題ないでしょう。

ちょっとした拘りと、ご近所様への配慮です。

実際、移動の際に殆ど音が出なくなり、動きも非常にスムーズになりました。

トレーラーユーザーにお勧めです。

因みにタイヤはホームセンターで入手できます。

 

本体の塗装が完全に乾いたところで、組み立て作業に入ります。

ホイール付きジャッキ・チェーンを取付、、、綺麗なパーツは気持ちがいいものです。

 

車軸の固定はたったこれだけ、、、こんなんで大丈夫なんか?

 

ホイールとフェンダーも組み上げました。

このトレーラー、ブレーキが変わっています。

つっかえ棒をタイヤに押し付けてパーキングブレーキとしています。

まあ、構造がシンプルなのでいいのですけど、ちょっと見た目がダサいかな(^^;

 

バイク搭載レール製作

バイクを積む為のレールを、アルミの縞鋼板とアングルで作りました。

強度はそんなに無いのですが、バイクの前後ホイールが、トレーラーのフレーム部分に乗る感じなので、積み込む時に曲がらなければOKです。

 

完成&テスト

タイヤストッパーはちょっと悩みましたね。

手持ちの材料使って、簡単に作ってみましたが見た目がイマイチ(;´Д`)

 

形になったので、ヘッド車との連結テスト&灯火類の動作チェック、、、問題なしです。

見た目も綺麗になり満足!

 

ついでにバイクの搭載テスト、、、シンプルでいいんじゃないでしょうか?

前のトレーラーの時は、キモカッコ悪いなんて言われたんだよな~( ̄▽ ̄;)

 

真横から見るとこんな感じです。

トレーラー車軸のほぼ真ん中にバイクを積めています。

 

バイクを積んだ状態で、ヒッチボール部の垂直荷重が25kg(三角ジャッキ重量2kgを引いた数値)

空荷の状態で22kgでしたので、プラス3kgです。

工具箱や携行缶などで調整すれば、もうちょっとヘッド車への負担を軽く出来そうです。

 

追加装備製作

バイクの搭載テストで、車体固定式のラダーレールが欲しくなったので作ってみました。

可倒式にする為、アルミの縞鋼板と鉄アングルの組み合わせです。

 

跳ね上げるとこんな感じになります。

バイク搭載後はリアタイヤに当てて、タイダウンベルトで固定する様にすれば、後ろを走る車にも多少の安心感を持って貰えるのではないかと。

 

積載スペースの両脇に足場板を追加しました。

木製板ですが裏にアングルの補強を入れて、表面には滑り止めのシートを貼っています。

 

今回は、かなりボロボロだったトレーラーのレストア&改造でしたが、結構楽しめました。

これで少しはバイクライフを楽しめそうです。

今年はCGCやクロスミッションなどの難所系レースにも挑戦してみたいですね。

とりあえず仕事頑張って稼がないと。。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
中島 大三

中島 大三

投稿者プロフィール

・1968.10.22生まれ 熊本出身 茨城在住
・趣味 モータースポーツ DIY
・JNCC AAライセンス所持

全日本選手権参戦を支える為に始めた副業を
レース引退後に一念発起し独立起業

「収入の柱はいくつ有ってもいい」と考え

・プロモーター
・ビジネスコンサルティング
・レーシングパーツ開発・製造
・ネットショップ経営
・再生エネルギー事業
・テナントビル経営…

等々、複数のビジネスを展開中

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ブログランキング

バナーをクリックして応援して頂けると励みになります。
宜しくお願い致します(^^)/

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ページ上部へ戻る