【Transporter】競走鉄馬トランスポーター・通勤快速グランビア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「ふくぎょう」の為のコンテンツの決定版!

何をやったらいいか分からない・・・

そんな副業に興味はあるけど行動出来ない人に向けてお送りします!

7月12日開校 プレオープン記念 モニター生募集中

詳しくは ↓ ↓ ↓ ↓ をクリック! 

誰にでも出来る「ふくぎょう」を是非知って体験して下さい

 

グランビア 3.0Lディーゼルターボ

ハイエースを下取りに出して、グランビアに乗り換えました。

H9モデルの3.0DT(Q エクセレントセレクション)です。

バイク運搬だけを目的とした、ハイエーススーパーロングハイルーフでは、車に求めるものが変わってしまった為の乗り換えです。

ハイエース購入当時は埼玉に住んでいて、電車通勤でしたので、休日のオフロードライフだけを考えた車種選択が出来ました。

しかし、現在は茨城の田舎から片道35kmの車通勤で、馬鹿でかくクソ重たいボディに非力な2.8Lディーゼルエンジンでは、かなりの苦痛を伴いました。

そこで、思い切って最低限のトランポ機能を考慮に入れた、通勤をメインに考えた車への乗換えを決意しました。

目標はバイクを運ぶ事も出来る通勤快適車!

 

トヨタ グランビア 3.0Lディーゼルターボ 
全長×全幅×全高 4715×1800×1965 mm
室内長 × 室内幅 × 室内高 2910×1635×1365 mm
ホイールベース 2985mm
トレッド前 1560mm
トレッド後 1540mm
最低地上高 195mm
車両重量 2020kg
■エンジン
エンジン型式 1KZ-TE  
種類 水冷直列4気筒OHCターボ 
内径×行程 96.0mm×103.0mm  
総排気量 2982cc  
圧縮比 21.2  
燃料供給装置 EFI(電子制御式燃料噴射装置)  
最高出力 130ps/3600rpm
最大トルク 29.5kg・m/2000rpm  
過給機 ターボ 
燃料タンク容量 75リットル 
使用燃料 軽油 
燃費
8~9km/リットル 

 

フル加速でも軽トラに劣るような鈍亀ハイエースと比べるべくも無く、とにかく快適の一言。

エンジンがシート下でなく前に有るお陰で、車内にディーゼルのガラガラ音が響く事も無く、無駄に豪華な内装のお陰で走行音も静か、流石元フラッグシップワゴン。

 

 

バイクを積み込めるようにするには、このゴージャスなシートを撤去しなければなりません。

こんなものは取り外して別のことに使えるわけでもなく、車検時に必要になるので捨てる事も出来ずに保管場所に困ります。

仕方ないので2階でソファー代わりに…。

 

フロアマットを外して、シートレールを撤去しました。

シートレールは無数のボルトでガッチリ固定されているので、フロアマットを外さないと撤去作業が大変です。

トランポとして使うなら少しでも積載空間を得る為に、このまま板張りした方がいいのかもしれませんが、あくまで快適な通勤車としたいので、静寂性を重視し、防音用の分厚いフロアマットを元通りに敷き直します。

レール固定用の穴はガムテープでフタをしておきます。

 

フロアマットの上にベニヤ板を敷きます。ぴっちり合わせないで、10mm程の隙間をわざと作って、フロアマットの上に乗っかっている状態にしました。

前後数箇所を板バネ材で作ったステーで固定して、ベニヤ板をフローティング状態にします。

その上に…

 

フローリングを張り込んでいきます。

今回はポンリュームを使うのはやめました。あれはあまり強くなく定期的に張り替えないと、みすぼらしくなってしまうので、前から気になっていたフローリング張りにしてみる事にしました。

値段もお安く1枚496円×6枚使用。

 

フローリング床の張り込み完了・・・想像以上に綺麗に出来ました。

床全体をフローティング構造としたので、走行中の床のキシミ音は皆無です。

車体と床の隙間にゴミが入らないように、幅広のフェルトをぐるっと貼ってありますが、あっという間に汚れるかも。

 

タイヤストッパーは、折り畳み式を止めて、固定式を新たに作りました。

フルサイズを、600mm離して2台積める様にしてます。

折り畳み式は使わない時に邪魔にならずに済みますが、可動部がカチャカチャ煩いので、静寂性優先のコンセプトに合いません。

 

手すりを外して、タイダウンベルトの引っ掛けベースを、ガッチリとステンレスで製作。

 

リヤにある唯一の収納…あまり使い道は無さげ。BOX類の製作は考えていません。

 

天井が低くなったので、フォークを縮めないと積み込みが出来ませんが、思っていたより楽に積み込めます。

例の排ガス規制のお陰で、ディーゼル車が一気に値下げして、今まで手が出なかった、この手の車も驚くほど安くなりました。

残念ながら4WDでは有りませんが、ABSとエアバックが装備されているお陰で任意保険も安くなり満足です。

*こちらの記事は2003年当時のお話です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
中島 大三

中島 大三

投稿者プロフィール

・1968.10.22生まれ 熊本出身 茨城在住
・趣味 モータースポーツ DIY
・JNCC AAライセンス所持

全日本選手権参戦を支える為に始めた副業を
レース引退後に一念発起し独立起業

「収入の柱はいくつ有ってもいい」と考え

・ビジネスコンサルティング
・レーシングパーツ開発・製造
・ネットショップ経営
・再生エネルギー事業
・テナントビル経営…
・「Voyage Of Liberty」エグゼクティブマネージャー

等々、複数のビジネスを展開中

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ブログランキング

バナーをクリックして応援して頂けると励みになります。
宜しくお願い致します(^^)/

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

アーカイブ

ページ上部へ戻る