DIYでアルミホイールのガリキズ直し&再塗装⑤

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

前回まではフロント用ホイールの2本だけでしたが、
準備が完了したので、リヤホイールに着手します。

サイズは265もあると、流石に自分ではタイヤを外せないので、
ポルシェやフェラーリなどの幅広タイヤを扱えるお店に持ち込んで、
タイヤを外して貰い、ついでに新品タイヤを注文しておきました。

 

ホイールを持ち帰り、しっかり洗浄してから、ガリキズの修正。
小さい傷はサンドペーパーで均し、深い傷はキズを削った後に、
アルミパテを盛って修正していきます。

 

修正が終わった所で、全体をサンドペーパーで磨き足付け。
フロントホイールではやり過ぎたので、今回はさらっと。

磨き終えたらクイックベースで仕上げます。

 

乾燥させてからマスキング処理やります。
大雑把にマスキングテープを貼って、、、

 

カッターの刃を立てて、角をこする様になぞる事で

 

必要な部分を残して簡単に形を整えられます。
多少傷ついても問題ない部分でできる荒業?

 

マスキングが終わったら、吸盤にタイラップを通したものを用意。
これは、ボルト締め付け面のマスキング用です。(100均で購入)

 

マスキング面から通して、裏で輪っかを作れば完了。
こんなのでも十分マスキング効果を発揮してくれます。

 

シリコンオフで最終脱脂処理してから、密着材のミッチャクロン塗布。
暫く乾かしたのち、サフェーサーを塗り、一晩放置で乾燥させます。

 

翌日、塗装の際に付いたゴミや、塗装ムラを水研ぎ

 

慣れというのは油断を呼びます。

たった一回やっただけで、慣れた気になってやってしまいました。
ブラックを塗り一晩乾燥させた出来があまりに酷くて・・・

翌日、もう一度、水研ぎからやり直して再塗装やる羽目に。
結構ギリギリでしたが、塗料に余裕があって良かった。

 

最後にクリアー吹いて、乾燥後に水研ぎしてからポリッシュ仕上げ。
ホイールの磨き作業って全部曲面面倒くさいです(^^;

 

塗り終わった4本を簡易包装して、タイヤショップに持って行きました。

以前履いていたピレリがもう作ってないとのことで、
今回はポルシェ公認のミシュランを選択。

 

ホイールボルト(ポルシェはナットじゃなくてボルト固定)も新調し、
無事に車体に取り付ける事が出来ました、、、長かったな~

 

赤く塗装されたキャリパーも、一部剥げていたのでタッチアップしてやりました。
暫く駐車場で放置していたので、全体に埃が溜まって薄汚い・・・

 

洗車ついでにテスト走行で近くの森林公園へ。

ピレリと比べるとミシュランはしっとりしてる乗り心地。
タイヤ一つで結構ハンドリングが変わるものですね~。

 

足元がブラックになったことで、少しワイルドな印象になりました。
やっぱり綺麗なホイールって素敵です・・・こうなると

曇って黄ばみが酷くなってきたヘッドライトが気になる(^^;
次回はヘッドライト磨きですかね。。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
中島 大三

中島 大三

投稿者プロフィール

・1968.10.22生まれ 熊本出身 茨城在住
・趣味 モータースポーツ DIY
・JNCC AAライセンス所持

全日本選手権参戦を支える為に始めた副業を
レース引退後に一念発起し独立起業

「収入の柱はいくつ有ってもいい」と考え

・プロモーター
・ビジネスコンサルティング
・レーシングパーツ開発・製造
・ネットショップ経営
・再生エネルギー事業
・テナントビル経営…

等々、複数のビジネスを展開中

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ブログランキング

バナーをクリックして応援して頂けると励みになります。
宜しくお願い致します(^^)/

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

アーカイブ

ページ上部へ戻る