【KX80+4st計画】自作でアルミフレーム作ってXR200エンジン搭載 プロローグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「ふくぎょう」の為のコンテンツの決定版!

何をやったらいいか分からない・・・

そんな副業に興味はあるけど行動出来ない人に向けてお送りします!

7月12日開校 プレオープン記念 モニター生募集中

詳しくは ↓ ↓ ↓ ↓ をクリック! 

誰にでも出来る「ふくぎょう」を是非知って体験して下さい

 

KX80Ⅱ+4stエンジン計画

最近(2000年当時)、流行り?のミニモトに4サイクルエンジンを載せる計画です。

ベースは年式不明(多分90年式位)のKX80Ⅱ

今年(99年)の夏にウエストウッドのコースで知り合った加藤さんから頂いたモノです。

写真で見ると結構マトモそうですがエンジン不動で現状では乗ることが出来ません。

最初からエンジンレスのラージ車体を探していたので、願ったりかなったりです。

最初の計画(春頃)では、DR250Rのエンジンを載せる予定でした。

 

小湊スパルタ塾・塾長(藤田氏)から買ったDRです。

このバイクが家に在った時点ではまだKX80はありませんでした。

XR200Rを買う資金にする為にメルボルンの方に売ってしまいました。

今頃はオーストラリアの大地を走り回っている事でしょう(藤田塾長ゴメン!)

 

で、XR200Rはサイズ・パワー等は妻には丁度良いのですが唯一にして最大の欠点が難所におけるエンジンのかかりの悪さ(男にはわからんが)だそうで、結局またエンジンを新たに探さなければならなくなりました・・・(T^T)

 

奥様の注文
旋回性・機動性・始動性を重視

サイズは80のラージでエンジンは200以上の4stセル付

足を出しやすいようにシュラウドを付ける事

2Hは無給油で走れること 当然見た目もカッコいいこと

レース中に壊れないバイクを作れ!

とまあ、好き勝手な注文です。

 

 

とりあえず貰ったまま放置していたKXの状態を見る為にバラしてみました。

使わない余計な部品を全て取り除き、洗ってみて驚きました。

 

物凄くいい状態なのです、リヤサスなど新品同様でフロントフォークのインナーパイプは錆びが浮いているどころか傷ひとつありません。

何だか嬉しくなって急にやる気が出てきました。

 

今後の計画

エンジンはセル付のSOHCで排気量200~250cc、セロー・XR250・SL230辺りかな?

XR・SLはまず手に入らないか?玉数からいってセローが有力でしょう。

外装はCR80Rあたりを使おうかな、いくら位するんだろう?

タンクはアルミ・ステンレス・FRP・カーボン?あたりで自作になるでしょう。

2H無給油だと燃費にもよるけど5L以上はいるでしょう。

セル付だと当然バッテリーを付けなければ・・・どこに?

あれ?4stってキャブのエア取り入れ口右側だったよな・・・てことは、リヤサス左右入れ替えないと干渉してしまう・・・エアクリーナーBOXも使えないか。

うーん、結構大変かも♪

 

完成予想図

フレーム KX80Ⅱ改
エンジン セロー(空冷4stSOHC単気筒)
足回り KX80Ⅱ(ハードスプリング)
外装 CR80R用ACERBIS製
シュラウド CR125R用ACERBIS製
車両乾燥重量 80Kg前後
最高出力 20ps+α
始動方式 セルスターター式(キック式併設)
ガソリンタンク容量 5L+α(自作)

こんな感じでしょうか・・・

 

ACERBIS製の外装は他の色(白・黒)も有るのでCRっぽくなら無いで済むかも。

しかし車体に対してエンジンデカ過ぎです・・・

本当にこんなの出来るのでしょうか?

 

XLR200R怪の製作で余ったXR200のエンジンをKXに廻す事になりました。

まだ実作業を始めたわけでは有りませんが、とりあえずどんな感じでエンジンが載るのか解らないのでPC上で載せて見る事にしました。

 

なかなか収まりはいいみたいです。

これならそれ程フレームを加工しなくてもOK?ただキャブの位置が少し気になります、実際に載せてみないと何ともいえませんが・・・。

 

赤線で囲った所を切断する必要が有るみたいです。

上のパイプは切断後、ヘッドの上に補強を入れたほうが良さそうです。

下は切断してエンジンを仮搭載後、新設した方が良さそうです。

XRの燃費だとタンク容量は5Lぐらい欲しいところですがエンジンヘッドが予想どうり高くて容量を確保するのが難しそうです。

現行KXのぺリメタフレームならば箱型のタンクで済むのですが、フレームを跨ぐ形でどの程度容量を確保できるか、頭を悩ませる事になりそうです。

こちらの記事は、このサイトの前身である「Backyard Builder」で2000年頃にアップした内容を加筆修正したものです。(内容が古臭いw)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
中島 大三

中島 大三

投稿者プロフィール

・1968.10.22生まれ 熊本出身 茨城在住
・趣味 モータースポーツ DIY
・JNCC AAライセンス所持

全日本選手権参戦を支える為に始めた副業を
レース引退後に一念発起し独立起業

「収入の柱はいくつ有ってもいい」と考え

・ビジネスコンサルティング
・レーシングパーツ開発・製造
・ネットショップ経営
・再生エネルギー事業
・テナントビル経営…
・「Voyage Of Liberty」エグゼクティブマネージャー

等々、複数のビジネスを展開中

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ブログランキング

バナーをクリックして応援して頂けると励みになります。
宜しくお願い致します(^^)/

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

アーカイブ

ページ上部へ戻る