TLR200を入手、だがしかし、、、このまま乗るわけがない②

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

フロントフォークのインナーチューブです。
右側チューブの表面が腐食してメッキがボロボロ状態です。

 

スタンディングマシンとして使う分には気にしませんでしたが、エンジン積んで乗ろうと思うと流石にこれではまずいので、ヤフオクで探しました。

タイミングよくJTR用のフロントフォークが出ていたので落札。

どうも派手に転倒した車両から外したみたいで片方のチューブは曲がってました^^;
なんとか使えそうな方のインナーチューブを使って、腐食したチューブと交換します。

 

JTRで使われているフロントフォークは、一般的なアウターと違い、3分割構成になっています。

これが中々曲者で・・・インナーチューブ抜くのに全てバラさないとならない構造に辟易しました。

中もドロドロのオイルで凄かったです。

 

2時間ほどの格闘の末、なんとかまともなフォークにすることが出来ました。
こんな面倒臭いフロントフォークのOHは初めてです。

 

フォークのOHが終わったので、車体を仮組みしてシート位置の検討に入ります。
セローよりちょっと低めの800mmくらいを目安に、リアを跳ね上げる感じで・・・

 

リアサスのスプリングを抜いて、フルボトム時のタイヤ位置も確認します。
まあこんなもんかな〜

 

シート位置が決まったところで、4mm厚のアルミを使ってシートレール兼エアクリーナーBOXを製作していきます。

そんなに強度はいらないと思うけど、パイプでサブフレーム作って、別でエアクリーナーBOX作っては面倒臭いw

 

シート載せるとこんな感じになります。

 

まだ底板貼ってない。
シートの裏側形状に合わせて作ったのでカチッとはまります。

 

底板貼って軽く仕上げ
エアクリーナーはどうするかな〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
中島 大三

中島 大三

投稿者プロフィール

・1968.10.22生まれ 熊本出身 茨城在住
・趣味 モータースポーツ DIY
・JNCC AAライセンス所持

全日本選手権参戦を支える為に始めた副業を
レース引退後に一念発起し独立起業

「収入の柱はいくつ有ってもいい」と考え

・プロモーター
・ビジネスコンサルティング
・レーシングパーツ開発・製造
・ネットショップ経営
・再生エネルギー事業
・テナントビル経営…

等々、複数のビジネスを展開中

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2022年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

ブログランキング

バナーをクリックして応援して頂けると励みになります。
宜しくお願い致します(^^)/

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ページ上部へ戻る