【KX80+4st計画】自作でアルミフレーム作ってXR200エンジン搭載 Vol.2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「ふくぎょう」の為のコンテンツの決定版!

何をやったらいいか分からない・・・

そんな副業に興味はあるけど行動出来ない人に向けてお送りします!

7月12日開校 プレオープン記念 モニター生募集中

詳しくは ↓ ↓ ↓ ↓ をクリック! 

誰にでも出来る「ふくぎょう」を是非知って体験して下さい

 

再開まで1年・・・

すえいしさんのXCR200(ぴよぴよエボリューション号)が無事完成し、ぼ~っと放心状態の日々を過ごしていましたが、嫁の強烈な催促に負けて、1年以上放ったらかしだったアルミフレーム計画を再開することになりました。

すっかりホコリをかぶった作りかけの材料を引っ張り出して、これがフレームになるんぢゃ!と嫁に見せてもそんな物には無関心で、いつ出来る?年内完成する?早く作って!の悲しい反応。

 

メインフレーム部材加工

図面からメインチューブの部分を原寸大でプリントアウトして、それを定規がわりにメインチューブを曲げます。

内側に3本の切れ込みを入れて、そこを溶接しワザと歪を発生させて自然なカーブに曲げてみました。

足りない分は力技で曲げています。(笑)

 

何とか図面通り綺麗に曲げることが出来ました。

溶接盛りで汚くはみ出した所を、他の部分を削らないように気を付けながらサンダーで削って仕上げます。(うん満足)

 

メインチューブ内側に40mmの謎の穴を開けます。

何故こんな所に穴を開けるのかは今は言えません秘密です。

あっと驚く(驚いて欲しい(^^;)仕掛けを考えています。

 

やれる時に出来るだけ進めようとピボット周りの部分の加工を行いました。

CRフレームベースXCR200と同様、ピボット内幅を220mmに設定して設計したので図面をもとに曲げ加工を行いましたが、この形を図面通りに曲げるのには苦労しました。

 

先に曲げ加工を終えたメインチューブを必要な長さに切って、ピボット部の部品と繋げました。

一見単純に溶接したように見えますが、歪による寸法の狂いを防ぐための固定・位置決めを行ってから溶接しています。

 

ヘッドパイプ溶接

XCR200のスイングアーム用に作った冶具を利用して、ピボット部の幅を220mmに固定、ヘッド部パイプを付ける為の加工を行います。

パイプの外径50mmに合わせる為の加工準備です。

 

ヘッド部のパイプを付ける為の加工が完了です。

 

こんな感じで付けるんですな。

でも未だ冶具を作っていないので溶接出来ません。

 

とうとうヘッドパイプが付き、フレームの形になってきました。

おおお!想像していたよりカッコイイ!!

CR125とかのフレームに比べて幅が有る様に(デブに見える)のは、フレーム寸法の基準がKX80ベースだからです。

でもやっぱりデブかも・・・。

 

横から見た所です、実際はもうちょっと起きた状態で使うのですが。

変則六角形のオリジナルメインチューブが中々いい味を出してると思うのは私だけでしょうか。(^_^;

 

溶接は数回に分けて行いました。

特製冶具にガッチリ固定して少し溶接しては冷やし手で触れる位まで冷えたら又溶接。

溶接が終わり冶具から外す時に少しでも動いたら失敗ですから溶接には細心の注意を払いながら行いました。

心臓に悪いです。

 

KXリンク部の位置寸法コピー

こちらも1年半ぶりに引っ張り出してきたKX80Ⅱのスケルトンです。

既に2世代前の代物ですが、フォーク・リヤサス共に、とても状態の良いものです。

リヤサス周りを移植する為に、完全にバラしてリヤサスやリンクの取り付け位置をコピーします。

 

フレームだけになりました。

これをベースにサスペンション・ピボット・リンクの正確な位置を出す為の冶具を作ります。

その冶具を使ってアルミフレームにコピーします。

 

色々な製作依頼品やCRMの整備に追われて中断していたアルミフレーム製作でしたが、やっと抱えていた物が全て終わって再開する事が出来ました。

早速、KX80のフレームを利用して、リヤサスペンション関係のコピー用冶具を作ります。

正確な位置が出せればいいだけなので、その辺に転がっていた切れ端やパイプの端材を利用して製作。

溶接時の歪による狂いを抑える為に強度重視でガッチリ作りました。

 

リンク部のベースとなる部分は、強度を重視してパイプでは無く削り出しで製作。

 

KX80のピボットシャフトをアルミフレームの幅に合うように加工して、冶具を通して位置決め固定後、10mm厚のアルミで作ったリンク取付部を全溶接しました。

 

上部のサスペンション取付部はまだ付けません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
中島 大三

中島 大三

投稿者プロフィール

・1968.10.22生まれ 熊本出身 茨城在住
・趣味 モータースポーツ DIY
・JNCC AAライセンス所持

全日本選手権参戦を支える為に始めた副業を
レース引退後に一念発起し独立起業

「収入の柱はいくつ有ってもいい」と考え

・ビジネスコンサルティング
・レーシングパーツ開発・製造
・ネットショップ経営
・再生エネルギー事業
・テナントビル経営…
・「Voyage Of Liberty」エグゼクティブマネージャー

等々、複数のビジネスを展開中

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年10月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ブログランキング

バナーをクリックして応援して頂けると励みになります。
宜しくお願い致します(^^)/

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

アーカイブ

ページ上部へ戻る