【KX80+4st計画】自作でアルミフレーム作ってXR200エンジン搭載 Vol.9

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「ふくぎょう」の為のコンテンツの決定版!

何をやったらいいか分からない・・・

そんな副業に興味はあるけど行動出来ない人に向けてお送りします!

7月12日開校 プレオープン記念 モニター生募集中

詳しくは ↓ ↓ ↓ ↓ をクリック! 

誰にでも出来る「ふくぎょう」を是非知って体験して下さい

 

BACK YARD BUILDER 02Version CRE200F 完成

構想2年以上、膨大な制作期間を経て、嫁のとてつもないワガママと私の持てる全ての技術を注ぎ込んだミニモト200がついに完成致しました。

目玉のフレーム吸気は見事な失敗に終わりましたが、一般的なエアクリーナーBOX構造への変更に伴いリヤ周りを一新。

戦闘的なフォルムとなり、ようやく全体をお見せ出来る様になりました。

 

97CR250のシートだけ中古品で浮いていますが、近いうちにシートカバーを交換してやる予定です。

大人が跨っても違和感無く80のように細すぎる事はありません。

 

サイドカバーはシートに合わせて97CR用をつけました。

大き過ぎる所をカットして、そのままだと見っとも無いので、丈夫なゼッケンベース用カッティングシートの黒を貼ってボロ隠し。

全長500mmの太くて長いサイレンサーも綺麗に収まってくれました。

 

こうやって見ると絶対80サイズには見えませんね。

1回目のテスト走行で、嫁は1時間も走り続けてしまいました。

よっぽど嬉しかったみたい。

CRE125やEC250だとアクセルを開けていられる時間が殆ど無いのに、これだと怖くないからずっと開けていられるのが楽しいそうです。

しっかりした足回りのお陰でジャンプも楽しいらしく、実際に暫く後ろに付いて見てたら心配になる位飛んでいました。

調子に乗ると転ぶぞ。

 

ご対面

ゴールデンウイークに記念すべきミニモト200の初号機「ぴよエボ号」の持ち主が遊びに来てくれました。

もちろん「ぴよエボ号」も一緒です、、、で2台並べて記念撮影。

 

こうやって並べてみると、よく似ていますが、エンジン以外の構成パーツは全然違う2台なんですな。

片やCR80ベースに200のエンジンを押し込んだ物、片や怪しいフレームに寄せ集めのKX80足回りとCR125の外装・・・。

今回は時間が無くて、乗り比べ出来なかったのが非常に残念でした。

夏の某イベントで再会したいです。

 

その後・・・

CRE200F(通称おだまり200)のその後です。

現在までに1H~1.5HのEDレースを3戦やりました。

デビュー戦は見事に勝利を収めたのですが、続く2戦目は、原因不明のエンジンストップにより1周リタイヤ・・・

考えられる事を全てチェックしたのですが、なぜ突然動かなくなったのかは未だに分かりません。(-_-;

お手上げ状態で無理やり点火したら復活し、その後は快調そのもの。(う~ん・・・)

これは2戦目の時の写真。

後ろに見えるXR100と比べると、かなり大きく見えます。

この後に悲劇が・・・(-_-;;;

 

でも実際に跨ってみるとやっぱり小さい、、、嫁の身長は168cm、女性の中ではデカイほうなので、ちょっと小さ過ぎるかも。

左に写っている怪しげなバイク(笑)は、北関東連合組長DoyaさんのホンダDT80怪。

なんだか見る度にどんどん改造されてます。

 

ベースはCRM80、CRの足回り(しかもMHチューン)に特製100ccエンジン+チャンバー&アチェルのプラスチックサイレンサー・・・キャブも変えてるのかな?

何度か乗せて頂きましたが、とても完成度の高いバイクです。

ご本人の趣味でDTカラーに(凄)

 

アクスルシャフトが折れる・・・

3戦目はW松河川敷コースでの1.5時間に出場。このレースは準備が出来たらスタートラインにマシンをプールするのですが、スタート時間ギリギリまで怪しげなバイクの周りには人だかりが・・・

嫁は恥ずかしくてバイクに近寄れませんでした。(^^;

目立つのは良いのですが、このレースでもトラブルでリタイヤ。

溶接で延長したシャフトが折れてしまいました。

変に目立つお陰で恥ずかしいったらありゃしない・・・。(-_-;;;

シャフトはすぐにSUS丸棒から削り出して作り直しました。

最初からちゃんと作ればよかった…。

 

パワーアップ案

前作の「ぴよエボ号」の時から分かっていた事なのですが、車体に対してエンジンパワーが完全に不足しています。

特にMX80と走ると中速~の加速が段違い。

3戦目のレースでは周りの殆どがMX80だったので、かなり無理をして乗っていたみたいです。

んとかパワーUP出来ないかと色々考えましたが、XLR200なんてマイナーなエンジンのチューニングパーツなんて殆ど皆無・・・。

手っ取り早く、よりパワーの有るエンジンに載せ換える事を検討中です。

候補はMD30とSL系230エンジン、実は既に両方のエンジンが入手出来てはいるのですが、今年一杯は載せ換えないと思います。

理由は2つ

1つめは暫く200のままで実戦テストを繰り返し、車体の完成度を上げて、別企画の「アルミフレーム計画」の肥やしとする為。

もう1つは、パワーが足りないとは言っても勝負にならない程遅い訳ではないので、現状でいかに乗るか(走らせるか)を嫁に考えてもらいたいから。

バイクにばかり頼って乗り手が進歩しなけりゃ意味なしです。

 

各所手直し

これまでに数箇所の変更を加えました。

まず低すぎたハンドルマウントの位置を変更。

前方と上方に50mmづつ上げてテストしています。

未だベストな位置が特定出来ていないので、無骨なテストパーツのままです。

ハンドルもイマイチなので変更予定です。

 

アンダーフレームヘッド側固定のボルトを片側1本固定から2本固定に変更しました。

想像以上に力が掛かっていたらしく、亀裂が入っていた為の対策です。

他にもエンジンヘッドマウントブラケットをアルミからステンレスに変更。

スペース的に苦しいのでパーツ自体が小さい物しか作れず、アルミでは持たなかった為です。

改良後は問題無し。

 

チェーンがリヤサスサブタンクを削らない為のローラーの位置を変更。

ちょっと後ろ過ぎて、リヤサスの動きを妨げていた為です。

変更後はリヤの動きが良くなりました。

 

チェーンガイドの位置を変更。

リヤスプロケットが大き過ぎて、チェーンの取り回しに無理があったので、下げてみたのですが、ちょっと下げ過ぎ・・・。

今一度変更予定です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
中島 大三

中島 大三

投稿者プロフィール

・1968.10.22生まれ 熊本出身 茨城在住
・趣味 モータースポーツ DIY
・JNCC AAライセンス所持

全日本選手権参戦を支える為に始めた副業を
レース引退後に一念発起し独立起業

「収入の柱はいくつ有ってもいい」と考え

・ビジネスコンサルティング
・レーシングパーツ開発・製造
・ネットショップ経営
・再生エネルギー事業
・テナントビル経営…
・「Voyage Of Liberty」エグゼクティブマネージャー

等々、複数のビジネスを展開中

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ブログランキング

バナーをクリックして応援して頂けると励みになります。
宜しくお願い致します(^^)/

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

アーカイブ

ページ上部へ戻る