【ホンダXLディグリー】現物合わせのアルミ製アンダーガード製作

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「ふくぎょう」の為のコンテンツの決定版!

何をやったらいいか分からない・・・

そんな副業に興味はあるけど行動出来ない人に向けてお送りします!

7月12日開校 プレオープン記念 モニター生募集中

詳しくは ↓ ↓ ↓ ↓ をクリック! 

誰にでも出来る「ふくぎょう」を是非知って体験して下さい

 

ディグリー用アンダーガード

先日の引越しを、手伝ってくれたお礼に、何か欲しい物があれば製作するよと言ったら、「ディグリーのアンダーガードが欲しい♪」と爽やかに言われました。

*30の時に建てた家です。

アンダーガード・・・よりによってまた面倒な物を・・・。(-_-;

作るから寸法測って来いと言ったら、夜中にバイク持って襲撃されてしまいました。(あのね・・・)

ディグリーのアンダーフレームは、取り外しが出来る物なので、外して預かりそのフレームに合わせて、アルミ(板厚5mm)で製作する事にいたします。

 

アルミ板を220mmX500mmにシャーリングで切り出して、アンダーフレームを転がしながら、赤マジックでマーキング。

かなり面倒な形をしています。

パイプのガードもカバーするように左右の型も取ります。

 

左右非対称なんですね、真中のラインはフレームの盛り上がっている所です。

この部分をどう逃がすかちょっと悩む所です。(-_-;

 

同時進行で製作中のYZ&WR250F用スキッドプレートに切り出した物との比較です。

250Fの幅は170mm位、ディグリーのフレームより50mmも幅が狭いです、さすが最新鋭のフレームは違う。(比べるな?)

 

コーナーシャーで裁断

マーキングに合わせて、コーナーシャーリングでカットしていきます。

*油圧の力でコーナーを落とす裁断機です。

 

板厚5mmでも、油圧の力でバッチンバッチン、気持ちよく切れます。

 

2回目の切り出し加工終了。

サンダーで切り口を滑らかに仕上げます。

 

曲げる位置をマーキング、大体この辺かな~てのが書いた線に出てます。

 

手曲げ?

今回はベンダーを使わずに、手曲げに挑戦。Rに曲がるように、下に丸パイプを入れていますが、明らかに小さ過ぎ。

曲がりがカクカクに。

 

ちょっと曲げては合わせて見て叉曲げる、曲げすぎたら叩いて戻すの作業を繰り返して、どうにか形になりました。

やっぱり手曲げは難しい。

 

パイプガードの部分も形状に合わせて折り曲げていきます。

 

溶接

仮留めした後、本溶接。

 

動かないように、シャコ万で固定しながら溶接したのですが、シャコ万が邪魔で綺麗なビートにならないわ、キチンと面合わせしていないので段差で上手く付かないわで、見るに耐えない汚い溶接になってしまいました。

これは恥ずかしい…。

 

フレームに固定する為のステーを4箇所作ります。

先にアンダーガードの方に穴を開けておいて、その位置に部材を溶接します。

 

取付ステー溶接

溶接したら、再びカバーをかぶせて、開けておいた穴をガイドにして下穴をモミ付けします。

 

こうすればアンダーガードとステ‐の穴の位置がずれる事無くに簡単に穴開けが出来ます。

 

フレームの方にはM6のタップ加工を施します。

 

アンダーガードの方は7mmの穴を開けて、皿ビスが埋もれて表面に出っ張らないように、皿揉み(ザグリ)加工を施します。

 

M6の皿ビスで固定、表面にビスの頭が飛び出す事無く固定出来ました。

 

バフ仕上げで完成

最後に表面を軽く磨き上げて完成です。

う~ん・・・とても格好悪い。(^_^;

 

ディグリーの持ち主が写真撮って自分のHPに載せているので、そこから引っ張ってきました。

やはり市販の物と比べると見た目が今一つですね。

自分の分は、この経験を活かしてキッチリ作ろう。。。

 

アンダーガードはこの後も沢山作りました。

主要なバイクであれば社外品も沢山有りますけど、マイナーなバイクだと自作するしかないですね。

雨のレースだと、エンジンとガードの間に泥が詰まってしまう為、泥が詰まらない様にスポンジを挟んだりする事も有ります。

最近はプラスチック製が主流なのかな?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
中島 大三

中島 大三

投稿者プロフィール

・1968.10.22生まれ 熊本出身 茨城在住
・趣味 モータースポーツ DIY
・JNCC AAライセンス所持

全日本選手権参戦を支える為に始めた副業を
レース引退後に一念発起し独立起業

「収入の柱はいくつ有ってもいい」と考え

・ビジネスコンサルティング
・レーシングパーツ開発・製造
・ネットショップ経営
・再生エネルギー事業
・テナントビル経営…
・「Voyage Of Liberty」エグゼクティブマネージャー

等々、複数のビジネスを展開中

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ブログランキング

バナーをクリックして応援して頂けると励みになります。
宜しくお願い致します(^^)/

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

アーカイブ

ページ上部へ戻る