【WR250F+オリジナルアルミフレーム】スクラッチで作るミニモト化&モタード仕様

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「ふくぎょう」の為のコンテンツの決定版!

何をやったらいいか分からない・・・

そんな副業に興味はあるけど行動出来ない人に向けてお送りします!

7月12日開校 プレオープン記念 モニター生募集中

詳しくは ↓ ↓ ↓ ↓ をクリック! 

誰にでも出来る「ふくぎょう」を是非知って体験して下さい

 

WR250Fエンジン搭載のミニモト製作

量産型アルミフレーム企画の第一弾として、車体ディメンションをCR80ベース、エンジンをWR250Fで、更にモタード仕様という前代未聞(・・・多分)のミニモト製作です。

依頼主は広島在住の「ゆうゆうさん」、相互リンクの「ゆうゆうのバイク道楽」の管理人さんです。

昨年春に立ち上げた、「アルミフレーム計画」での寸法取り用CR80募集の時に、製作依頼を頂き、色々打ち合わせを重ね、ようやく製作準備が整いました。(汗)

 

量産型アルミフレームの寸法ベースとなる01モデルのCR80です。

採寸後は足回りを外して、これから製作するCR80ディメンションの新型アルミフレームに移植します。

 

こちらが搭載予定のWR250Fエンジンです。

あまりこういう形でお目にかかることの無いエンジンですが、第一印象はとにかく小さい!

シリンダー部なんて本当に250cc有るのか疑いたくなる程の大きさです。

そして恒例の重量測定、何と21kgと超軽量でした。

半分の排気量のTTR125LWのエンジンが23kgですから、いかに軽いかお分かりだと思います。

まさに軽量・コンパクト・ハイパワーと三拍子揃ったエンジンです。

 

ついでに、別口で足回り移植を頼まれているTTR125の横に並べて、大きさを比較してみました。

ほぼ同じサイズです、エンジン載せ替えても違和感無いです。

ハイパワー4stミニを作るなら、現在最高のエンジンと言えるかもしれません。(予算が許すなら)

 

フレームの設計

年度末に近づいているせいか、本業の方がとても忙しく、フレーム設計の方がいっこうに進みません…。(-_-;

今日も休日出勤でしたが、何とか基本レイアウトが完成です。

 

第一案


基本的な形は「CRE230F」がモデルですが、CR80ディメンションで書き直しています。

ちょっと線の細さが見られるフレームですね・・・古さを感じます。

 

第二案


ディメンションを変えずに、デザインを第3世代のCRフレーム風(平たく言えばパクリ。)にしてみました。

見た目は新しいのですが、80サイズでこの形を採用出来るかどうか・・・エンジンはともかく、吸入系(キャブレター等)配置に支障が出ないかが心配です。

ステム部とピボット部を、より直線的に結べるのは良いと思うのですが・・・。

 

決定


03モデルのアルミフレームデザインが出来上がりました。

製作し易さを求めて、接合部は直線的な構造としながら、構成パーツにアールを持たせて、角ばった感じを消す事が出来たのではと思います。

こいつを基準に三面図をおこし、各パーツごとにバラして図面化していきます。今年は、このフレームを3~5台程度製作する予定でいます。

 

いよいよ製作を始めました。

まずは、リヤ周りの要となる部分を製作します。

オレンジの部分を削り出しで作っていくのですが、材料の都合で二分割での製作となりました。

また量産型と言う事で、数台分を製作する事にしました。

今回は、材料の都合で4台分です。

 

製作開始

左右2枚、4台分と言う事で8枚のアルミ材を切り出し、バイスに挟んでフライス加工。

 

ある程度削った後は、サンダーでもって曲面仕上げ加工を行います。

微妙なRは、手でやった方が出しやすい、、、単にプログラム組むのが、面倒なだけなんですけどね。

 

シャコ万を外すと、金太郎飴のように同じ形のものが8枚出来上がり。

CRE230Fのフレームでは、溶接構造としたピボットシャフト穴部は、強度重視の総削り出しです。

 

同じ要領で、メインパイプに繋がる部分を製作します。

こちらは曲面が多くて、結構時間が掛かりましたが、満足出来る出来だと思っています。

やっぱ手仕上げが1番(笑)

 

左側が15mm、右側が22mmの板厚です。右側の方を斜めに15mm削って、溶接にて繋ぎ合わせます。

斜めに削るのは、より溶接する部分を、増やすのが目的です。

 

アルミを溶接する時は、十分な脱脂をする事が重要です。

油等の不純物が付着していると、溶解したアルミが弾けて溶接出来ないばかりか、真っ黒なクレーターだらけに。

 

シンナーで脱脂・乾燥後に溶接。

サンダーで軽く仕上げた後、スコッチブライトで全体をならしてパーツとしては完成です。

角をR加工にしようかと思いましたが、他の構成パーツを揃えて、バランスを検討してからにしました。

次はヘッドパイプ部の製作です。

CRE200Fで培ったアルミフレーム製作スキルも少しだけ進化して、材料も7N01材を採用するなどしていった時期です。

当時勤めていた精密板金の会社設備を、比較的自由に使えた事も有り、裏庭工房からかけ離れて言った感じですね(^^;

大型のフライスとかないと無理な加工がてんこ盛り・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
中島 大三

中島 大三

投稿者プロフィール

・1968.10.22生まれ 熊本出身 茨城在住
・趣味 モータースポーツ DIY
・JNCC AAライセンス所持

全日本選手権参戦を支える為に始めた副業を
レース引退後に一念発起し独立起業

「収入の柱はいくつ有ってもいい」と考え

・ビジネスコンサルティング
・レーシングパーツ開発・製造
・ネットショップ経営
・再生エネルギー事業
・テナントビル経営…
・「Voyage Of Liberty」エグゼクティブマネージャー

等々、複数のビジネスを展開中

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ブログランキング

バナーをクリックして応援して頂けると励みになります。
宜しくお願い致します(^^)/

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

アーカイブ

ページ上部へ戻る