【WR250F+オリジナルアルミフレーム】Vol.7 WRF-LW完成編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「ふくぎょう」の為のコンテンツの決定版!

何をやったらいいか分からない・・・

そんな副業に興味はあるけど行動出来ない人に向けてお送りします!

7月12日開校 プレオープン記念 モニター生募集中

詳しくは ↓ ↓ ↓ ↓ をクリック! 

誰にでも出来る「ふくぎょう」を是非知って体験して下さい

 

小湊レースでテスト


行って来ました小湊8耐、、、で、何故か前日の1.5時間ライトのスタートラインに並ぶWRF-LW

(引き渡すまでの通称に決定)

当日エントリー可との事で、テストがてら出てみる事にしました。

勿論レース中に異常がみられれば即やめるつもりで出ます。

外装はCRE230F(ODAMARI号)の物を、仮で付けて来たのでスパルタ塾内では「超ODAMARI」とか「進化したODAMARI」とか好き勝手に呼ばれていました。(-_-;;;

 

このアングルだとサイズが分かりやすいかも。

どうもフレーム単体画像だと大きく見えるみたいですね。

実物を見た人は大抵、HPを見て想像していたよりも小さく軽い事に驚きます。

因みに右の#169はXLR125です。

ルマン式スタートなので、すちゃらか塾の宴会部長にバイクを支えさせてあげました。:-)

レース結果は40数台中、総合5位4stオープンクラス3位とまずまずの成績。

小湊という場所柄、あまりミニモトサイズのメリットが無い事と後半フロントがパンクしてペースが落ちた事を考えれば上出来。

 

スタンド製作

ステンレスパイプでサイドスタンドを製作、あまり強固に作っていないので、スタンドを使った状態でのキックは厳禁です。

外車のように、あくまで自立用の支え程度です。

 

WRFの元のフレームサイズから比べると、上下方向にもかなり縮んでいるので、ラジエターの位置がご覧のように目一杯下になって下半分が剥き出し状態になってます。

 

ラジエータガード製作

どれほどの効果があるかは分かりませんが、t3.0のアルミ板に長穴を千鳥状に開けたラジエターガードを作って取付。

見た目の今一さがセンスの無さを物語ってます。:-)

 

リアフェンダー&サイドパネル変更

80サイズの車体にフルサイズのシュラウドを付けると、リアフェンダーの短さが目立って、チョロQのようにデフォルメされたように見えてしまいます。

(今回はCRF450用one製の白を使用)

はっきり言ってあまり格好のイイものではないので、依頼人の希望でもあるYZ125のリアフェンダー(one製の白)に変更してみました。

といっても80のサブフレームに125用(しかもメーカーも違う)のパーツがすんなり付くはずも無く、シート(これはCR80用をそのまま利用)との合わせや幅を、カットしたりバーナーで炙って形状を変えたりしながら何とか違和感の無い様に取り付け・・・

殆ど一品物状態になってしまってます。

長さ的には、約100mm程伸びた感じになり精悍になりました。(^^v

 

CR80リア外装をYZ125リア外装に変更、不思議と違和感なし。

 

サイドカバーもYZ125用を流用します。

CR80シートやエアクリーナBOXに合わせてこちらもカットによる形状変更。

フェンダーとサイドカバーの加工だけで半日もかかってしまいました。(-_-;

まあ時間かけただけの仕上がり具合だと思っているので良しとします。

しかし、今度はサイドカバーとサイレンサーの間に無視出来ない隙間が。(-_-;;

 

 

仕方なくサイレンサーを再加工して外側に調整し直しました。

いや参った、うはは(^_^;

 

ブレーキディスク大径化

YZ450F並みの加速性能に80のブレーキでは役不足という事で、BRAKING製のビックローターが送られてきました。

国内では入手不可(昔は入手出来たそうな)という事で、メーカーに連絡を取って直接輸入したそうです。

ノーマル径220mm⇒240mm。

 

う~ん、写りが今一。(^^;

CR80用なので当然ながらボルトオン、キャリパーステー交換にちょっと手間取りましたけど。

効き具合ですが慣らしが必要なのでまだ不明。(^^;;

 

アンダーガード製作

オイルドレンやオイルラインの保護を兼ねた、簡単なアンダーガードを作って取り付け。

 

フレーム解析

一部で有名(?)な某H主任より、新型フレームの解析結果が送られてきました。

ただ、私には知識が無いので、この結果からどういう事が判るのか、まったくチンプンカンプンです。(笑)

HPに出しているフレーム画像から全体の板厚を同じと設定して出したそうですので、実際と違うとの事。

ちゃんとこちらからCADデータを送ればいいのでしょうが途中から現物合わせで作っているので、ちゃんとした図面を書くのが面倒臭い。f(^^;

H主任、有難うございました。

暇な時にでも解説して頂けるとウレピイです。。。

 

BACK YARD BUILDER 03Aluminum frame edition WRF-LW

とりあえずオフロード仕様として完成致しました。

白い外装なので、初期のYZ400Fのイメージをアレンジした感じでまとめてみました。

モタード化は依頼人のほうで進める事になっています。

まだ暫らくはテストを行って不具合や弱い所を修正した後、引渡しという事になります。

テストにはレースが一番という事で、依頼人の許可を頂き、この状態で8月24日に長野で行われる「4stミニ・カスタムミーティング2003」に持ち込みます。

 

リヤサスモディファイ

テストを兼ねた2回のレース参戦で、リアサスペンションのモデファイを決定し、モトハウスに依頼していたモノが、帰って来ました。

モデファイ内容は、ハードスプリング+それに合わせたリバルビングですが、CR80用には、ハードスプリングの設定が無く、モトハウスに探してもらう事にしました。

出来てきたモノは・・・スプリングが白(何用なんだろ)

 

サブタンクに怪しげなパーツが付いています。

タンク容量を増やしてあるのでしょうか?

ちゃんとモデファイ内容を聞いておかないと、後々困ってしまいそうです。

 

リンク受け部強化

リアサスペンションが帰ってきたので、引渡しの為の最終手直し&お化粧直しを行います。

リンク取付部が、強度不足で歪んでしまっているので、歪んだ部分を削除し、より強化した部品を作って、補強致します。

どの程度補強すればいいかは、既にテスト済み。

 

上が歪んでしまった部分、下が新たに付ける補強部品。

歪んだ原因は、強度も考えずに、見た目優先で肉抜き加工を行ってしまったからでしょう。

中々、難しいですね。(-_-;

 

ハイトゲージでケガキ線を入れ、ポンチを打ち、タッピングボール盤にて、穴開け&M8タップ加工を施します。

これ位(7N01材)硬い材料だと、アルミ特有の嫌な粘付き(切りカスが、ドリルに絡み付いて切れなくなる・・・それを防ぐ為に、切削油のマメな注油が必要になる)も殆ど無く、サクサク切れて気持ち良かったりします。

(変態ちゃいまっせ)

 

アンダーフレームの固定穴を利用して、位置出しを行い、フレームにガッチリと溶接。

 

モトハウスチューンのスペシャルサスペンションを組み付けて、リア周りの手直し完了。

 

消音バッフル追加

ちょっと公道走るには、煩すぎると言う事で、簡単ではありますが消音バッフルを作りました。

音量半減しましたが、不思議とレスポンス・パワーも損なわれていません。

 

キックアーム製作

フレームに合わせて、WRFのキックアームを加工したのですが、どうも材質的に熱を加えると鈍ってしまうらしく、何度修正しても直ぐに曲がってしまって使い物になりません。

どうにも仕方が無いので、ステンレス製のオリジナルキックアームを作る事にしました。

 

車体に付けると、こんな感じ。

収まりは悪くないけど当然アルミより重くなりました。(-_-;

 

最後にオイル交換を行い、全ての作業が完了。

いや~、長かった・・・時間かかり過ぎ。

 

依頼人の住む広島県に送る為に、ガソリンタンクを空にし、傷付防止と悪戯防止(まさかとは思いますがね。。。)にエアパッキンで車体を包みました。

いよいよお別れです。

 

トランポに積み込み、某運送会社から発送します。

達者でな~可愛がってもらえよ~。

 

 

この頃はまだ、バイク専門の運送会社ってなかったのですよね。

運賃恐ろしく高かったことを覚えています(^^;

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
中島 大三

中島 大三

投稿者プロフィール

・1968.10.22生まれ 熊本出身 茨城在住
・趣味 モータースポーツ DIY
・JNCC AAライセンス所持

全日本選手権参戦を支える為に始めた副業を
レース引退後に一念発起し独立起業

「収入の柱はいくつ有ってもいい」と考え

・ビジネスコンサルティング
・レーシングパーツ開発・製造
・ネットショップ経営
・再生エネルギー事業
・テナントビル経営…
・「Voyage Of Liberty」エグゼクティブマネージャー

等々、複数のビジネスを展開中

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ブログランキング

バナーをクリックして応援して頂けると励みになります。
宜しくお願い致します(^^)/

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

アーカイブ

ページ上部へ戻る