【WR450F-2Trac】油圧駆動の2WDオフロードバイク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「ふくぎょう」の為のコンテンツの決定版!

何をやったらいいか分からない・・・

そんな副業に興味はあるけど行動出来ない人に向けてお送りします!

7月12日開校 プレオープン記念 モニター生募集中

詳しくは ↓ ↓ ↓ ↓ をクリック! 

誰にでも出来る「ふくぎょう」を是非知って体験して下さい

 

2Trac45F Type-XC

WR450F 2Trac

WR450Fにオーリンズ社と共同開発した油圧前輪駆動システムを装備し、前後二輪を駆動するモデル。2005年のダカールラリーに出場し、クラス優勝を成し遂げている。

2Tracシステムはエンジンパワーの20%程度で前輪を駆動すると言われ、またエンジンからは独立しており比較的簡単に取り外す事が出来る。ByWikipedia

この世界初開発の2輪駆動システムを搭載したWR450Fをご存知でしょうか。

ダビデ・フレティーネ選手による2005年ダカールラリークラス優勝を最後に殆ど噂も聞かなくなりました。

聞いた話ではコンプリート車両で約30台生産され殆どはヨーロッパで販売、国内には3~4台輸入されているようです。

その内の3台は知人が所有というなんとも微妙な縁?のバイクです。

*実際には国内に6台存在するようです、うち3台はYAMAHA本社にあるという事を関係者から聞きました(^^;

 

上のWR450F 2Tracをベースにラリー仕様にしたバイクがこれ。

ダビデ・フレティーネ選手の手によりパリダカクラス優勝を成し遂げ、世間に2輪駆動を知らしめた歴史に残る一台です。

一見大成功を収めたように思えますが、なぜ2005年を最後に姿を消してしまったのか?

非常に興味深く、もっと進化してくれると期待していたのですが・・・残念です。

コンプリート以外にも2Tracユニット単体での販売も行なわれていたようで、KTMでのテストも行なわれていたみたいです。

シュラウドの形状から04モデルらしき525EXC-R?、、、2WDらしくフロントからも土埃が上がってます。

ただ、よくみるとフォークがWP・・・2Tracのパテントはオーリンズが握ってるのでは??

*画像が有るのですが、著作権の問題が有るので貼れません、、、ネット上には有るので探してみて下さい。

 

2TracはメーカーのHPからも情報が削除され、その後の動向が不明となってしまいました。

こちらは現在進行形でCHRISTINIという所からユニット発売されているAWD(ALLWHEEL DRIVE)キット

2Tracが油圧駆動なのに対して、こちらはチェーン~ベベルギア~シャフトといった機械式伝達方式。

画像のCRFフレームの他に、KTMフレーム対応のキットも出ていて、エクストリーム系エンデューロクロス等で活躍中のようです。

2TracやAWDキットのような2WD駆動のバイクにどんなイメージを持ってますか?

実は私、3年程前に2Tracをお借りしてレースをやった事があります。

*2006年くらいだったと思います。

実際に乗る前はどんな乗り味なのかまったく想像出来ないまでも、恐らくヒルクライムや前に進むのも困難な激マディで相当有利なのではないかなと考えておりました。

残念ながら乗った場所はまっ平のウエストポイント・オフロードビレッジ・・・ヒルクライムの優位性などまったく体感できませんでした。

まず乗ってみた第一印象は・・・重い(笑)

元々そんなに軽くないWR450Fをベースに2Tracユニットという重りがプラスされ、更に正直バイクの状態があまり良くなかったので結構乗るのがきつかったです。

乗り出して最初の30分はフロントが駆動するという初体験に戸惑い、重さに嘆き、フロントが駆動する事により発生するジャイロ効果なのかフロントアップが出来ない変な車体に翻弄されました。

やがて慣れてくると、「コーナー立ち上がりが素早く、ストレートで安定している」とフレティーネ選手も語るとおりの特性を体感出来る様になり結構面白かったです。

ただそのレースで私とチームを組んだAA真田君との共通した感想は、WR450F 2Tracはラリーレイドバイクなんだなという事。

 

しかし滅多に経験する事が出来ない貴重な1時間は、日が経つにつれ私の中でジワジワとあるイメージを膨らませる事になります。

フロントホイールが駆動する事での可能性、あのまったく味わった事が無いコーナーリング時の感覚・・・

もし自分で弄るとしたら何処をどう弄るだろうか、どんなバイクに仕上げられるだろうか・・・・・・・。

 

ちょっと話が脱線しますが、これまで色んなバイクを作ってきていますが、主に4stミニが中心で実は自分用のレースマシンというものを作った事がありません。

理由は簡単で、毎年進化するメーカー製のバイクを上回るモノなど作れないからです。

それでもいつかは作ってみたい、更にそのバイクでレースをやって結果を出してみたいとずっと考えてきました。

どうすればメーカーのバイクに対抗出来るモノが作れるだろうか?

メーカーに出来ない事で自分に出来る事は何?

もし2Tracのような駆動システムだったら・・・そしていつの間にかフロントを駆動させるシステムを構想するようになりました。

2Tracのような油圧駆動の場合なら、油圧ポンプと油圧モーターがカギとなります。

関連メーカーから資料を取り寄せ流用出来るか検討したりもしました。

フロントハブに内蔵させるワンウェイクラッチの検討・・・

ドリームトキのようなチェーン駆動、AWDのようなベベルギアやスライドシャフト駆動・・・

どれも一長一短あるし、何より流石に個人レベルではレースで使える程のレベルの物を製作する事は、設計を進める段階で殆ど無理という結論に達して断念する日々が続きます・・・。

ここ数年、クロスカントリーの代表格であるJNCC等のエンデューロへの他競技からの転向が盛んです。

皆さんMX-IAだとかTR-IAなどと物凄い肩書きと実力を持つ凄い人たちばかりです。

振り返って自分を見ると、モトクロスのようなスピードも無い・トライアルのようなテクニックも持ってない・トップエンデューロライダーのような粘りや判断力も無い。

ちょっと長く乗ってきただけの普通のおっさんなんですね。

そんな私でも頑張ってAAクラスまで上がってきたからには少しでも差を縮めたい・・・

そう思い、自分の得意分野で何とかしてやろうと色々セコイ改造に勤しんできました。

給油のピットインをなくす為にサブタンクを作って無給油仕様にしてみたり、エンストやクラッチ操作を回避する為に怪しいクラッチに手を出してみたり、低圧仕様の自作ムースを試してみたりとそりゃもう色々。。。

 

だからこれに手を出したのも必然だったのかもしれません、、、3年前のあの日、私のビルダー魂に火をつけた今や幻のフランスヤマハ製WR450F 2Tracに。

 

懐かしいですね、こんなバイクをいじれた事は幸せだったのかもしれません。

実はまだ持っているのですけどね(^^;

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
中島 大三

中島 大三

投稿者プロフィール

・1968.10.22生まれ 熊本出身 茨城在住
・趣味 モータースポーツ DIY
・JNCC AAライセンス所持

全日本選手権参戦を支える為に始めた副業を
レース引退後に一念発起し独立起業

「収入の柱はいくつ有ってもいい」と考え

・ビジネスコンサルティング
・レーシングパーツ開発・製造
・ネットショップ経営
・再生エネルギー事業
・テナントビル経営…
・「Voyage Of Liberty」エグゼクティブマネージャー

等々、複数のビジネスを展開中

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ブログランキング

バナーをクリックして応援して頂けると励みになります。
宜しくお願い致します(^^)/

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

アーカイブ

ページ上部へ戻る