スローウイリー・トレーニングマシン製作 完成です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

安定したウイリー状態を維持するには

・安定する角度までフロントアップする
・いつでもリアブレーキをかけられる状態で、捲れそうになったら丁寧なブレーキコントロールを行う
・左右のバランス感覚も重要

 

この辺ですかね?
マスターしてないので、詳しいことは分かりません(笑)

 

そんな憧れのウイリーをマスターするべく製作中のトレーニングマシン
板金加工が終わったので、ラッカースプレーで塗装していきます。

 

角度調整機能付きのストッパーも塗装して組み立て準備。
構成パーツはこんな感じです。

ガタつき防止・ショック吸収用にゴムワッシャーとダンパーを使います。
思いのほか完成度がいいので、量産型も基本的にはこれでいきます。

 

組み上げました。

これはKTM専用になりますが、量産型の方はアクスルシャフト貫通穴内径12mm〜24mmまで
シャフト長300mmまでに対応するように作っていきます。

 

スイングアームに乗っかる部分には、ラバークッションを貼りました。
これもショックを吸収してくれる一翼を担います。

 

取り付けるとこんな感じになります。

 

無段階調整できるストッパーの角度限界点に達すると、ラバーマウントされたストッパーが受け止めてくれます。
ガツンと効かずに、ふわっと受け止めてくれるので、ショックもそんなに来ないでしょう。

 

完成しました。
やはりちょっと長過ぎたかも(^^;

まあ、長い方が安定はいいと思うのですが、量産型はもう少し短くしていきます。

 

軽量で追随性もいいので、トレーニングマシンつけた状態でも、バイクをバンクさせて移動することができます。
ウイリー時の左右バランスも、邪魔をしないのでじっくり鍛錬できるでしょう。

 

今週、金曜日辺りにテストして、問題がなければ納品になります。
量産型の受付は、設計が終わって材料発注するまでです。

 

単品で製作するとコストも時間もかかりますし、材料も余分には頼まないので、正式注文された分で終了します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
中島 大三

中島 大三

投稿者プロフィール

・1968.10.22生まれ 熊本出身 茨城在住
・趣味 モータースポーツ DIY
・JNCC AAライセンス所持

全日本選手権参戦を支える為に始めた副業を
レース引退後に一念発起し独立起業

「収入の柱はいくつ有ってもいい」と考え

・プロモーター
・ビジネスコンサルティング
・レーシングパーツ開発・製造
・ネットショップ経営
・再生エネルギー事業
・テナントビル経営…

等々、複数のビジネスを展開中

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ブログランキング

バナーをクリックして応援して頂けると励みになります。
宜しくお願い致します(^^)/

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ページ上部へ戻る