【バイク用トレーラー】再び、、、次はロードバイク用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2021年も終わりですね、6月から仕事が多忙で気がつけば年末です。
今年もいろいろありましたが、9月ごろに依頼を受けて作ったトレーラーを紹介します。

 

昔作ったYZ250用のカーゴトレーラーを見た方からメールを頂き、現在使っているトレーラーをなんかとしたいと相談されました。
現状を聞き、写真を見せてもらって構造的にかなり無理があるのではとアドバイスさせて頂きます。

 

スクーターのフレームをベースに作られたトレーラーの連結がシートレールの延長上にあること。
これですとリアシートのさらに延長した部分に荷重がかかってしまい、バイクに掛かる負担がものすごいことが想像できます。
実際、荷物満載だと引き起こすのも容易ではないとか。

 

さらに連結部分も凄いですね、ジムニーの駆動シャフトのユニバーサルジョイントを流用しているとか。
重量も相当ありそうで、連結のためのバイク側の補強もかなり苦労している感じ。

 

現状の問題点と不満点を解消する案を簡単な図解で提案しました。
連結の構造から全く変わることで、車体に対する負荷と運用時の安定化を目指します。

 

何度かのやり取りののち、こういう形で新たなトレーラーを制作することとなりました。
以前はアルミ製でしたが、今回は強度と予算の関係で鉄フレームでの製作となります。

 

早速使うパーツのピックアップから。
ホイールはスクーターの前輪を使います、何用だか忘れましたが、まだ使えるタイヤ付をヤフオクで落札。
サスペンションはカブ用の新品が安く手に入りました。
今回は公道用なので、ストップランプとウインカーも用意します。

 

まずはスイングアーム製作からです。
角パイプを加工して、スイングアームを構成する部品を作っていきます。

 

寸法などはホイールサイズがら適当に割り出して決めていきます。

 

スイングアーム完成、、、サスペンションブラケットは後から追加します。

 

次にメインフレームを各パイプを曲げ加工して作っていきます。
別にR曲げにする必要はなかったのですが、この方が少しでも見た目が良くなるんじゃないかとw

 

スイングアームピボット部、、、かなり頑丈に作りました。
これが横幅のベースとなります。

 

現物合わせで角パイプを切り出し、フレームを作っていきます。
この段階ではまだ仮溶接だけです。

 

メインフレームの形が出来上がったので、定盤に移して本溶接。
見える部分は綺麗に仕上げています。

 

車高を設定し、サスペンションの取付ブラケットを溶接

 

テールにストップランプとウインカーのベースを付けました。

 

依頼主の要望で、取り外した時にスタンドが欲しいということで悩んだ末、自転車用のスタンドを加工して採用します。

折り畳むとこんな感じになります。

 

スタンド付けた事で自立してくれるので作業も楽になってきます。

 

クーラーボックスを2個乗せるので、フレームを追加してフックも追加。

 

上部にも荷物を乗せられるように丸棒を曲げた柵とフックを追加

 

更にトレーラー単体での移動を楽にするためにハンドルも追加

 

トレーラー本体がほぼ完成したので、続けてバイクとの連結部分を作っていきます。

 

手前がスイングアームに固定する連結用パーツで、奥がトレーラー側の連結アーム。
連結はピンだけで行うので、ほぼワンタッチで取付けられます。

 

トレーラー側連結アーム用ブラケットを製作
かなり頑丈に作りました。

 

この段階で一度バイクを持ち込んで頂き、連結用ブラケットをスイングアームに固定。
実際に現物合わせしてみないと決まらない部分を微調整しながら、強度不足が発覚した部分に補強を入れていきます。

 

最後に塗装して完成です。
簡単ですがホイールも再塗装してあります。

ストップランプとウインカーもつけました。
この車両は申請してナンバーを取得してありますので、ナンバーブラケットもあります。

 

バイクとの連結アーム
ピンを抜いて、スイングアームに固定したブラケットに連結してピンを差し込むだけで連結できます。

ハンドルには自転車用のグリップをつけました。
連結アームが邪魔で歩きにくいのが難点。。。

 

引き渡しの日はあいにくの雨

 

バイクとトレーラーを連結します。

 

トレーラーのストップランプやウインカーのハーネスはカプラーで接続

 

動作テストもOKです。
ちゃんとナンバー灯もつきます。

 

テスト動画です。
バイクを起こすときの取り回しも違和感ないようです。
走行中もナチュラルで、引っ張っている違和感もないとおっしゃってました。

サスペンションが少し硬いようですが、荷物を満載にすれば落ち着くと思います。
依頼主はこれで釣りに行くそうです。
満足してもらえてよかった。。。

今回は久しぶりの依頼で、かなり気合を入れての製作でした。
ちょっと凝りすぎて疲れましたね^^;

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
中島 大三

中島 大三

投稿者プロフィール

・1968.10.22生まれ 熊本出身 茨城在住
・趣味 モータースポーツ DIY
・JNCC AAライセンス所持

全日本選手権参戦を支える為に始めた副業を
レース引退後に一念発起し独立起業

「収入の柱はいくつ有ってもいい」と考え

・プロモーター
・ビジネスコンサルティング
・レーシングパーツ開発・製造
・ネットショップ経営
・再生エネルギー事業
・テナントビル経営…

等々、複数のビジネスを展開中

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2022年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

ブログランキング

バナーをクリックして応援して頂けると励みになります。
宜しくお願い致します(^^)/

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ページ上部へ戻る