「終身雇用崩壊」前夜・・・いよいよ現実味を帯びてきたようです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

日本の雇用制度が転換期に来ています

前回の記事冒頭で書いた事が、そのままニュースになっていたのを見つけました。
前回、終身雇用制度は崩れていく的な事を書きましたが、経団連の中西会長は今後「終身雇用」を続けていく事が困難だと述べ、雇用のシステムを変えていく意向をインタビューで答えています。

経団連会長“終身雇用を続けるのは難しい”

このニュースを見たわけでは有りませんでしたが、もうかなり前から終身雇用なんて口約束みたいな古い雇用慣例なんだと感じていました。

かつては日本の企業の強みのひとつとされてきて、生活の安定化の支えと思われていたのでしょうが、会社の突然の倒産やリストラ等が社会問題化されて久しく、そんなものは幻想の様なものだと感じられます。

 

日本自動車工業会豊田章男会長も5月13日の記者会見で
「雇用を維持し、税金を払っている企業にとってもう少しインセンティブが出てこないとなかなか終身雇用を守っていくのは難しい局面に入ってきたのではないか」
といった発言をしています。

 

経団連や日本自動車工業会といった日本の企業・産業に影響力を持つ会長職の方々が制度改革を打ち上げて来ています。
近い将来、企業の都合で公然と解雇される日も目前に迫ってきています。

 

明日、会社を解雇されたとしたら

あなたは「問題ない」といえますか?
次の仕事がすぐに見つかるので大丈夫!と言い切れるでしょうか?
自分の会社は大丈夫と思っていませんか?

 

 

少し想像してみて下さい・・・
もし明日突然会社をクビになったら、今の生活を維持していけるのか?

 

リストラされても問題ないという方は、会社に頼らなくても問題が無いように準備をしっかりされているのでしょう。
そういう方は大丈夫です!

 

そうじゃない方は?

 

もし、何の根拠もなく、そうなった時には何とかなると思っていたら危ないですよ。
資格が有っても、経験があっても、そんなもの全く役に立たない事例など履いて捨てるほどあります。

 

想像してみて下さい・・・
あなたの大切な身内が近い将来、解雇規則が緩められていった時に

 

1:会社以外でも収入の柱を構築しているから問題ない

「転ばぬ先の杖」を持っている状態

 

2:すぐに別の仕事が見つかるから問題ない

楽観的になっていた時、あなたはどちらの状態の方が安心できますか?

 

あなたの旦那様・お子さん・身近な人が「2」の状態だったとしたら、心配になって来ませんか?
顧みて、あなたご自身はいかがでしょう。

 

世の中、物凄い勢いで変わっていきます。
いま安定しているからといって、明日以降も安定している保証はありません。

自分事として「もし」と考えてみて下さい。
「もし」が現実になった時に、何も準備していなければどうなるか。

 

「備えあれば憂いなし」

殷の宰相傳説の言葉である「これ事を事とする乃ち其れ備え有り、備えあれば患い無し」が語源の言葉です。

もはや万が一とも言えなくなってきた雇用制度問題

 

「するべきことをしておく」ことを、あなたの心に問いかけてみて下さい。

「備え」とは何か・・・
「憂い」とはどういう状況なのか・・・

あなたや大事な家族を守る為に、あらかじめ十分に準備をしておくことは無駄にはなりません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
中島 大三

中島 大三

投稿者プロフィール

・1968.10.22生まれ 熊本出身 茨城在住
・趣味 モータースポーツ DIY
・JNCC AAライセンス所持

全日本選手権参戦を支える為に始めた副業を
レース引退後に一念発起し独立起業

「収入の柱はいくつ有ってもいい」と考え

・ビジネスコンサルティング
・レーシングパーツ開発・製造
・ネットショップ経営
・再生エネルギー事業
・テナントビル経営…

等々、複数のビジネスを展開中

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2019年7月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ブログランキング

バナーをクリックして応援して頂けると励みになります。
宜しくお願い致します(^^)/

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

アーカイブ

ページ上部へ戻る